浦村はリアス式海岸で有名な志摩半島の東にある港。
黒潮と穏やかな入り江に恵まれたこの地はカキの養殖に最適な所です。
浦村カキの産地である麻生の浦湾は、有機物が多く、餌になる
プランクトンが豊富です。だから美味しいカキが1年で育ちます。
浦村カキのシーズンは10月下旬〜4月上旬頃です

牡蠣安心システム
牡蠣ができるまで
 当店の生ガキは紫外線で殺菌した海水を使い
 18時間以上浄化滅菌処理を行っているので
 安心してお召し上がりいただけます
三重のカキ安心システム

種カキ

1.種カキ

牡蠣の赤ちゃんが引っ付いた帆立貝に穴をあけ、沖の筏に吊るして育てます。漁場が豊かなため、浦村牡蠣は1年で食べごろなります。

水揚げ

2.水揚げ

1年後大人になった牡蠣を揚げに行きます。牡蠣が大きく成長するため帆立貝は全く見えなくなっています。

選別

3.選別

固まりの牡蠣を丁寧にバラして、大きさ別に仕分けをします。

殺菌

4.殺菌

綺麗に洗浄して18時間以上滅菌処理するので浦村牡蠣は安心して生で食べられます。

むき作業

5.むき作業

剥きのプロはとにかく早いですよ。あっという間にてんこ盛りです。。。

完成!

完成!

惜しみない愛情と手間隙を懸けることで、プリンとしていて且つ、爽やかな浦村牡蠣として出荷されます。。

Copyright 岩本物産 All Rights Reserved.